小林かずよし行政書士事務所

06-6225-2080
080-3799-1226

営業時間:平日9:00~18:00

小林かずよし行政書士事務所に問い合わせる

外国人を転職で採用する場合の手続きは?

既に日本の他社で働いていた外国人を転職で採用する場合、第一に注意するべきことは、その外国人のビザが、新たに担当する職務内容と関連性があるかどうかです。

 

例えば、前職がシステムエンジニアで、新たな職がレストランの料理人という場合は、そのままのビザで働かせることはできません。

(身分系のビザ〔日本人の配偶者等、永住者など〕の場合は、就労制限がありませんので問題ありません。)

 

上記の例ですと、システムエンジニアとして恐らく「技術・人文知識・国際業務」のビザを持っているはずですが、料理人の場合は、通常「技能」ビザが必要となるためです。

 

転職で受け入れる場合に、そのビザが適正かどうかを入管に確認してもらうことができます

 

その確認の手続きを「就労資格証明書交付申請」といいます。

これは、外国人の経歴、学歴、自社の情報(登記事項証明書、財務状況、業務内容等)を入管に提出して、その外国人が転職先で働いても問題ないという証明をしてくれるものです。

 

例えば、前職と転職先の業務内容が似通っており問題無さそうな場合でも、転職先の財務状況も審査の対象となるため、赤字経営や、給与水準が低い等、継続性に問題があると判断されるケースもあります。

(就労系のビザの場合、新規でビザ申請時に、就労先の情報も合わせて同様に審査されています。)

 

もし仮に、ビザの適合性が無い状況で外国人を雇ってしまうと、外国人は不正なビザで就労しているため不法就労となり、勘違いでも雇ってしまった企業は不法就労助長罪となる可能性がありますので、十分注意して下さい。

 

当事務所ではビザ(在留資格)申請に関する無料相談も行っております。
就労系ビザの取得を考えている方や、外国人の雇用でお悩みの方は気軽にお問合せ下さい。
許可に導くために、丁寧、迅速にビザ申請のサポートをさせていただきます。

——————————————————————————————-
小林かずよし行政書士事務所
代表 小林司佳
大阪府大阪市西区江戸堀2-1-1 江戸堀センタービル B1F 25号
——————————————————————————————-